棚橋弘至、後藤洋央紀下し初白星「まず1勝。俺がみんなに希望を見せますよ」

スポーツ報知
後藤洋中紀を下し今大会初勝利。IWGP USヘビーのベルトを掲げる棚橋弘至(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「G1クライマックス31」大会 ▽「G1クライマックス31」Bブロック公式戦30分1本勝負 〇棚橋弘至=1勝1敗、勝ち点2(14分10秒 スモールパッケージホールド)後藤洋央紀=0勝2敗、勝ち点0●(24日、東京・大田区総合体育館、観衆816人)

 IWGP USヘビー王者・棚橋弘至が後藤洋央紀を下し、今大会初白星を挙げた。

 共にG1優勝歴を持つ生え抜きの実力者同士の一戦。過去のシングル対決9勝2敗と得意にしている後藤相手にゴングと同時に観客に手拍子を要求した棚橋。低空ドロップキックなど徹底して後藤の左ひざを痛めつけるが、後藤も村正、牛殺しとパワフルな技で反撃に出る。

 コーナーからのネックブリーカードロップ、強烈なエルボーと攻め立てられた棚橋だったが、ツイストアンドシャウト、スリングブレイド、ハイフライアタックと乱れ打ち。しかし、勝負を決めにいったハイフライフローはかわされ、後頭部への強烈なエルボーを食らってしまう。

 それでも、後藤が勝負を決めに来たGTRをかわし、スモールパッケージホールドで丸め込み、電光石火の3カウントを奪った。

 リング上に大の字になったまま、両手でVサインをつくった棚橋。コーナーポストに上りUSヘビーのベルトを観客に見せつけてから引き上げたバックステージでも「よし、まず1勝! オカダを追走するためには1敗でしがみついていくしかないから。良かった、初日が出て。あとコンディションもキープできている」と自信のコメント。

 「シリーズは長いけれども考え方によっては、試合と試合の間をしっかり取れる。コンディションを整えた状態でまたリスタートできるっていういい面もあるから。1か月以上の長丁場だから、ゆっくりとG1を楽しんで下さい」とファンに呼びかけ、「俺がみんなに希望を見せますよ」と堂々、宣言した。(中村 健吾)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請