尾車親方、1差リードの横綱・照ノ富士が断然有利も阿武咲にドラマの予感

スポーツ報知
照ノ富士

◆大相撲秋場所13日目(24日、東京・両国国技館)

 西前頭10枚目・妙義龍が大関撃破で優勝戦線に踏みとどまった。過去13戦全敗と苦手の貴景勝を土俵際のすくい投げで破り、3敗を死守した。新横綱・照ノ富士が2敗で単独トップは変わらず。西前頭6枚目・阿武咲は大関・正代に、東前頭11枚目・遠藤は西同2枚目・霧馬山に勝ち3敗を守った。14日目に照ノ富士が勝ち、3敗の3人がそろって敗れると、新横綱&5度目の優勝が決まる。

 照ノ富士はいつもと明らかに違っていた。大事にいこうとしたのか、それとも膝に違和感があるのか分からないが、立ち合いの踏み込みが弱く、前に圧力をかけられなかった。右を差して我慢。御嶽海の右のかいな(腕)をバンザイさせて寄り切ったものの、動かなかった、それとも動けなかったのかという印象だ。

 横綱が1差でリードしていれば、横綱が断然有利であることは間違いない。しかし、御嶽海との一番を見る限り、残り2日にドラマがある可能性も否定できない。審判部は14日目の結果を考慮して千秋楽の割りを作るが、私は阿武咲に注目している。

 押し相撲は波に乗ると手がつけられない。しかも押しても差しても一気に走る馬力もある。14日目の明生との一番に勝てば、千秋楽で照ノ富士と激突することだってあり得るだろう。照ノ富士も嫌な相手と認識しているはず。過去の対戦成績も4勝2敗と阿武咲がリードしている。データも波乱を予想している。(尾車親方=元大関・琴風、スポーツ報知評論家)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請