【巨人】岡本和真、同点38号 ヤクルト村上宗隆37号で並ばれるも数十分後バックスクリーン弾

3回2死一、二塁、中越えに同点の3点本塁打を放つ岡本和真
3回2死一、二塁、中越えに同点の3点本塁打を放つ岡本和真

◆JERAセ・リーグ 巨人6―6阪神(24日・東京ドーム)

 主砲がひと振りで東京Dの空気を変えた。拍手が鳴りやまない。ダイヤモンドを一周した岡本和真は「打ったのはフォークです。なんとか走者をかえしたかったので、ホームランになってよかった」と声を弾ませた。3点を追う3回。無死一塁から吉川の投ゴロ併殺でチャンスを逸したかにみえたが、松原、坂本が再びつなぐと、2死一、二塁から4番が仕上げた。バックスクリーンへ同点の38号3ラン。さらに丸も2ランで続き、8月17日のヤクルト戦(松山)以来の「マルオカ」アベック弾。この回5得点で主導権を奪い返した。

 劣勢にあったチームを救うとともに、2年連続の2冠王へまた一歩前進した。「本塁打の数より、チームの勝利につながる一打のほうが大事」とはいうものの、この数十分前には、神宮でヤクルト・村上に37号2ランが飛び出して並ばれた。優勝争いを繰り広げるチームの4番同士であり、タイトル争いも熱を帯びてくる中、巨人の主砲も負けじと豪快な一発をたたき込み、38本塁打、106打点でライバルを突き放した。

 同点に追いつかれた直後の9回1死二塁では、スアレスの高め158キロを中前へ押し返してチャンスを広げた。サヨナラとはならなかったものの、低迷していた打線が息を吹き返しつつあることは間違いない。開幕前には「僕が(走者を)かえせたらほぼ勝ちますし、僕が打てばチームは惨敗もしない。勝負どころは僕に来る」と覚悟を口にしていた。シーズン終盤こそ、4番のプライドの見せどころだ。(尾形 圭亮)

DAZNでは伝統の一戦「巨人vs阪神」を全試合ライブ配信

映像提供:GIANTS TV
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請