【日本ハム】栗山監督 決勝弾のR・ロドリゲスに「あの守備の方が気になる…」と冷静に指摘

スポーツ報知

◆パ・リーグ ソフトバンク1―4日本ハム(24日・ペイペイD)

 日本ハムは先発の上沢直之投手が8回3安打1失点で3年ぶりの2ケタとなる10勝目。4回にR・ロドリゲスが先制4号ソロ。8回には近藤がモイネロの153キロを右中間席へ9号ソロ。9回には清水が3号2ランと本塁打で効果的に点を重ねた。

 栗山監督は「(R・ロドリゲスの一発は)まあそうだけどそれよりも、あの守備の方が気になる」と苦笑い。7回2死。柳田の二塁へのゴロの処理にもたつき、内野安打としてしまった助っ人のプレーを冷静に指摘し、引き締めていた。

 それでも2ケタ勝利を挙げた右腕については「(上沢は)さすがですね。さすがという字を、漢字と、平仮名と、カタカナでさすがと、たくさん書いてください。無駄な四球がなくなって今は状態がいい。ああいうところのプレーがなければ一人で投げ切れただろうし」と絶賛だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請