【西武】接戦を制して連勝 5年目・田村伊知郎がプロ初勝利で涙「うれしすぎて頭が真っ白」

スポーツ報知
田村伊知郎

◆西武5―4ロッテ(24日・メットライフ)

 西武が総力戦で接戦を制して連勝。2番手で登板した田村伊知郎投手が5年目でプロ初勝利をマークした。

 先発・今井が立ち上がりから制球が定まらず、自己ワーストタイの7四球。3回3安打3失点で、90球を費やして降板した。これ以上の失点が許されない場面で抜てきされた田村は、安田にバックスクリーンへの8号ソロを被弾するも、以降は無安打投球。冷静さを失わなず、2イニングを1安打1失点と最少失点で切り抜けた。

 田村の粘投に、前夜、今季初のサヨナラ勝ちを呼び込んだ打線が奮起。岸の9号2ランや中村の14号ソロ、源田の同点打などで4回までに4得点。田村が投げきった直後の5回に相手の暴投で勝ち越した。6回以降は水上、増田、森脇、平良の継投陣が無失点リレーを完成させ、1点のリードを守り切った。

 勝敗、セーブ、ホールドともに0が並んでいた田村は、待望の“1”を刻み、初のお立ち台へ。「うれしすぎて頭真っ白です。ここまで結果が出ない日が続いたんですけど、いつも変わらずに応援してくれる人がたくさんいたので、それで頑張ってこれました」と声を詰まらせながら、喜びをかみしめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請