【阪神】超超超ファインプレーの中野拓夢「引いて守っても意味ない」 サヨナラ負けを阻止

スポーツ報知
阪神・中野拓夢

◆JERAセ・リーグ 巨人6―6阪神(24日・東京D)

 阪神・中野拓夢内野手が超超超ファインプレーで今季初のサヨナラ負けを阻止した。

 サンズの適時二塁打で1点差を追いついた直後の9回1死満塁、丸の打球は三遊間に転がったが、前進守備を敷いていた遊撃・中野が横っ飛びで好捕。素早く立ち上がると、ワンバウンド送球で三塁走者・増田大を本塁で封殺した。最後は中田のハーフライナーを中野がつかみ、試合終了となった。

 中野の一問一答は以下の通り。

 ―緊迫感ある中、最後2ついいプレーが出た

 「もう、1点与えたら終わりという場面だったので、自分としても割り切って守ることができましたし、後は(捕手の坂本)誠志郎さんが非常にいいカバーをしてくれたので、良かったかなと思います」

 ―どんな気持ちで

 「引いて守っても意味ないと思ったんで、とにかく攻める守備を心がけていこうかなという気持ちはありました」

 ―明日以降につながる

 「今日のいい引き分けをあと2戦、勝ち切れるように。明日からも頑張っていきたいなと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請