「ヨワネハキ」TikTok総再生回数が1億8000万回!YOASOBI級ブレイクあるぞ

スポーツ報知
謎に包まれた和ぬかのイメージカット

 現役大学生であること以外は謎に包まれたシンガー・ソングライター和ぬか(21)が作詞・作曲し、大阪出身のシンガー・ソングライターasmi(20)が歌うコラボレーション曲「ヨワネハキ feat.和ぬか,asmi」が話題だ。TikTokの総再生回数は1億8000万回を超え、下半期注目の一曲となっている。

 同曲は5月19日にYouTubeチャンネル「MAISONdes―メゾン・デ―」で公開。夏頃から10代を中心に火が付き、メロディーに合わせて踊るダンス動画がTikTokで話題となり、瞬く間に1億回に届いた。

 無名に近い新人ながら、YouTubeでも4か月という異例のスピードで再生回数1200万回を突破。8月25日に「THE FIRST TAKE」に登場すると、1か月で再生回数500万回を達成した。

 「弱い音を吐いてる 薄っぺらい人間です 一歩前に出るのはやめときます 絡まれたくはないからさ」「臆病で切りが悪い 意気地無し人間です 一歩後ろに下がって逃げときます 目立ちたくなんかないからさ」といった歌詞は、一見ネガティブな内容だが、asmiの優しく語りかけるような歌い方と、明るい曲調によるギャップが絶妙で中毒性を生んでいる。

 和ぬかは「世間に対する思いや不満を持ちつつ、当たり障りない日々を望み、現状に満足もせず、将来への夢もなく淡々と生きていこうとする現代の若い方の気持ちを代弁したいと思った」とコメント。asmiは「想像の範疇(はんちゅう)を超える大きな渦が上で巻き起こっている。それぐらい衝撃的な広がりがあります」と記録を喜んだ。

 昨年はYOASOBI「夜に駆ける」、今年上半期はAdo「うっせぇわ」がSNS上からヒット。下半期は「ヨワネハキ」が新たな“代表曲”になりそうだ。

 ◆若手歌手ら新作発表する場「MAISONdes」8曲公開中

 ○…2人が楽曲を発表した「MAISONdes―メゾン・デ―」は、2月に誕生したYouTubeチャンネル。ネット上の架空の6畳半アパートで若手歌手とクリエイターがコラボし、新しい作品を発表する場を提供し、「ヨワネハキ」を含めて8曲が公開中だ。和ぬかは「六畳半に暮らす20代前後の若い方の多くの悩みは何だろう―と考えた時、『弱音を吐いている』というテーマを思いつきました」と楽曲が生まれた背景を説明した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請