【DeNA】悩める森敬斗に三浦大輔監督が厳しい言葉「いい所がなかった」29打席連続無安打、痛恨失策

森敬斗
森敬斗

◆JERAセ・リーグ DeNA―広島(24日・横浜スタジアム)

 19年のドラフト1位で高卒2年目のDeNA・森敬斗遊撃手が14試合ぶりに「7番・遊撃」でスタメン出場したが、4打数無安打に終わり、失点につながる失策も犯した。

 19歳の若武者が苦しんでいる。ソトが不調でベンチスタートとなり、9月5日の中日戦(バンテリンD)以来、14試合ぶりのスタメンも期待に応えられなかった。中飛、遊ゴロ、投ゴロ、空振り三振で4タコ。8月24日阪神戦(京セラD)でのヒットを最後に29打席連続無安打となった。さらに守備でも、4点ビハインドの7回2死一、三塁で、二塁へ悪送球して追加点を献上。出場した試合では2試合連続失策で、今季3個目の失策となった。

 三浦大輔監督は「スタメンで使ったけどいい所がなかったですね。今出ていることを考えて、自分の出来ること、自分の特徴を出せるようにプレーしてもらいたいと思います」と厳しい言葉を並べていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請