【阪神】中野拓夢が超超超ファインプレーでサヨナラ阻止 9回に1点差追いつき3位巨人と引き分け 

スポーツ報知
9回無死二塁、中越えに同点二塁打を放つジェリー・サンズ

◆JERAセ・リーグ 巨人6―6阪神(24日・東京D)

 2位・阪神が1点差の9回に追いつき、引き分けに持ち込んだ。首位のヤクルトとは0・5ゲーム差に広がり、3位・巨人とは2ゲーム差を維持した。

 1点を追う9回無死二塁。サンズがビエイラから中堅フェンス直撃の適時二塁打で追いついた。

 その裏は1死満塁のピンチを背負ったが、丸の三遊間への鋭いゴロを遊撃・中野が横っ飛びで好捕。素早く立ち上がると、本塁送球で三塁走者をアウト。超絶美技でサヨナラ負けを阻止した。

 立ち上がりは阪神が優位に進めた。初回、17試合ぶりの3番に入ったマルテが先制適時打。21試合ぶりに4番復帰となった大山の遊ゴロ併殺の間に1点を加え、先発のメルセデスから2点を先取した。3回は大山の中犠飛で追加点。3点のリードを奪った。

 しかし、その裏。首の寝違えから14日ぶりの登板となった西勇が突然崩れた。2死から四球と安打で一、二塁とされると、4番・岡本和に初球をバックスクリーンに運ばれた。1球で同点に追いつかれ、丸にも2ランを被弾。8安打5失点で今季最短の3回KOを喫した。

 1軍復帰後2試合連続スタメンの佐藤輝は3打数無安打で、2リーグ分立後の球団野手ワースト記録を更新する42打席連続無安打。9年連続負け越し中の巨人戦は今季9勝9敗2分けとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請