池松壮亮、日本映画の将来を背負う若き才能から刺激「映画への愛情に優劣はない」

スポーツ報知
グランプリの東盛あいか監督を祝福した池松壮亮

 俳優の池松壮亮が24日、都内で森田芳光監督、黒沢清監督、園子温監督、塚本晋也監督、荻上直子監督らを輩出した第43回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2021」の表彰式に出席した。

 最終審査員を務め、グランプリ作品の「ばちらぬん」を手掛けた東盛あいか監督に賞状を贈呈した池松は「言葉にならないことを映像でつかみ取ろうとする。精神と技術的なバランスにとても感銘を受けました」と祝福。応募総数489本のうち18本が入選したことに触れ「優劣がついてしまいましたが、映画への愛情を共有している一点については優劣はないと思います」と応募者全員に敬意を表した。

 準グランプリには「グッバイ!」(中塚風花監督)、審査員特別賞には「Journey of the 母性の目覚め」(岡田詩歌監督)、「転回」(岩崎敢志監督)、「豚とふたりのコインランドリー」(蘇鈺淳監督)、エンタテインメント賞(ホリプロ賞)と映画ファン賞(ぴあニスト賞)には「愛ちゃん物語[ハート]」(大野キャンディス真奈監督)、観客賞には「距ててて」(加藤紗希監督)が選ばれた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請