モーニング娘。佐藤優樹が12月13日の武道館公演で卒業 ソロ活動へ

スポーツ報知
年内卒業を発表したモーニング娘。’21の佐藤優樹

 ハロー!プロジェクトでトップクラスの人気を誇る「モーニング娘。’21」の佐藤優樹(まさき)が、12月13日に日本武道館で行われるグループの単独コンサートをもって、モー娘、及びハロプロを卒業することが24日、公式サイトで発表された。芸能界は引退せず、今後はソロで活動する。

 佐藤は2011年に10期生として加入。「まーちゃん」の愛称で知られる。無邪気な笑顔と喜怒哀楽のツボが分かりにくい奔放なキャラクターで人気を集めてきたが、今年2月に過敏性腸症候群で活動休止を発表していた。

 公式サイトによると、医師の指導のもと症状は改善しているが、体調が安定しないことや、周囲に迷惑をかけ続けていると気にした佐藤本人が所属事務所に相談。活動10年となるタイミングでの区切りを決意した。

 今後は体調と相談しながら歌唱動画の配信など、活動を続ける。また年内には佐藤のラストシングルとなるモー娘。の新曲もリリース予定だ。

 【コメント全文】

 皆さん、こんにちは、佐藤優樹です!

 長い期間コンサートを中心にお休みしてしまっていて申し訳ありません。そして、今回、この離れている期間に卒業を決めてしまいすみません。

 自分のコメントとしましては、あまり文章が得意ではなく、短くなっています。すみません。でも伝えたい事や話したいことたくさんあります。

 12歳からモーニング娘。として活動して来て、10年が経って、ちょうど今22歳です。色々なことを考え、話し合い、答えを出していく中で卒業という結論にたどり着きましたが、今は全く実感がわいていません。ただ、やはり私はこの年になっても迷惑をかける子なんだと、じわじわ実感しています。

 これからも病気とは前向きに向き合いながら、体調とも相談しながらゆっくりになってしまいますが、卒業後もソロとして音楽に触れて活動して行きたいと思います。

 モーニング娘。のメンバー全員と、つんく♂さんが作ってくださった楽曲を、ずっとお世話になっているファンの皆さんの前で歌える最後12月13日のコンサートまでは残り少ないのですが、最後までモーニング娘。佐藤優樹として頑張ります。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請