橘ケンチとAKIRAとの縁「彼がいたから今の自分がいる」EXILE加入の鍵…スペシャルインタビュー3

スポーツ報知
橘ケンチ(カメラ・矢口 亨)

 2001年9月27日に「Your eyes only~曖昧なぼくの輪郭~」でメジャーデビューしたダンス&ボーカルグループのEXILEが、来週にデビュー20周年を迎える。09年からパフォーマーとして加入した橘ケンチ(41)は「ファンの方と一緒に20周年を祝いたかったが、今の状況では仕方がない。時期が来たらオリジナルメンバーを入れてライブをしたい」と、コロナ禍で迎えた節目に悔しさを見せながらも前を見据えた。EXILEに入った当時の思い出話を始め、最後のオリジナルメンバー・ATSUSHI(41)の卒業、リーダーのAKIRA(40)との不思議な縁。そしてライフワークとなっている日本酒造りの話なども聞いた。(ペン・国分 敦、カメラ・矢口 亨)<2>からのつづき

 09年にEXILEに加入したが、その縁を作ったのはAKIRAだった。ケンチにとってはかけがいのない存在だという。

 「AKIRAとの関係って面白くって、僕とTETSUYAが横須賀で組んでいたダンスチームがあって、そのメンバーの一人が静岡出身で、その地元の連れがAKIRAだったんです。僕らがショータイムをやった時に友達の伝(つて)でAKIRAも見に来てくれて『一緒にやりたいです』って。そこで一回、彼を僕らのチームに受け入れた事があったんですね。その後にAKIRAはEXILEのメンバーと交流ができて、MAKIDAIさん、USAさんらとラザー・ユニークってグループをやっていました」

 運命というか人生を共に生きる流れが、デビュー前からできていたようだ。

 「そんな縁もあって、AKIRAが僕らをMAKIDAIさんらメンバーに紹介してくれて、サポートメンバーとしてEXILE主演のミュージカルにも推薦してくれたんです。その後に僕ら二代目JSBのメンバー全員がEXILEに加入して、その時はAKIRAが受け入れる側になって、その後にセカンドができて、今度は僕らが受け入れる。入ったり受け入れたりの繰り返しでした。僕にとってAKIRAは人生のキーパーソンで、彼がいたから今の自分がいると思います」

 AKIRAは現在EXILEのリーダーを務めているが、昔とは変わった部分はあるのだろうか。

 「本質的は変わっていないと思います。ただ仕事としてグループをまとめる、引っ張っていく感覚は日々成長しているといったら、偉そうですが、勢いを増している感じはありますよね。リーダーだと自分よりもグループのこと、会社のことだったりを考えなくちゃいけないじゃないですか。AKIRAは元々リーダー気質よりは、自分が好きなように振る舞いながら、周囲にいい影響を与えるという感じでした。EXILEに入った当初は…。リーダーになってからは役割が変わってきて、本人的にもそれを理解して『グループとしてこうした方がいい』って、バランスの取り方を日々考えながら動いているのは傍目から見ても感じます」

 EXILEに加入前には二代目JSBで活動している時、急きょNAOTOとNAOKI(小林直己)の2人が加入した。当時はメンバー間にちょっとした軋轢もあったようだが、HIROの“哲学”が生かされた人事だったそうだ。

 「2人が入った当初はいろいろあったかな~。みんな若くて俺が俺がってタイプでしたからね。5人でやっていた事に対して自分たちなりの自負もあっただろうし、年下のイケイケの若い2人が入ってくるのに反発する気持ちも多少あったとは思いますけど…。ただ自分たちの決めた枠組みで活動していくことほど可能性が小さいことはないじゃないですか。僕、当時から意識していたことがあるんです。二代目の前に僕とTETSUYAと啓司らとフルクラムというチームをやっている時、HIROさんが(MAKIDAI、USAらが所属していた)ラザー・ユニークの行く末を話している画がずっと印象に残っているんです。ラッパーの人は『自分たちはこれでやっているから、今まで通りのスタイルでいきたい』というスタンスで、HIROさんは『グループを大きくするなら、メンバーに〇〇を入れて形を作った方がいいんじゃない』って、意見が分かれた事があったんです」

 ―グループを作る上での方針の違いだ。

 「ええ。HIROさんの『根底の思いは大事なんだけど、俺はチームに必要な人を集めて形から作って、それを育てていって大きくしたいんだ』という考え方が衝撃だったんです。横須賀から出てきて、数人のメンバーでダンスやって『このメンバーで行くんだ』っていう気持ちが当時は強くて『形から作るって考え方あるんだ』って。そういう経験があったので、HIROさんに『NAOTOとNAOKIを入れたらいいと思うんだけど』と言われた時も理解しやすかったです」

 今のJr.EXILE世代は頼もしく見える一方で、世代間のギャップも感じるそうだ。

 「すごい楽しみですよね。グループが4つあって、しのぎを削っている感じがあります。みんな仲がいいんですよ。昔ってダンサー同士ってライバル関係にあって仲が悪いって事もあったんですが、最近の子ってみんな仲がいいので、それでグループで相乗効果を持ちながら、LHDのフィールドの中で頑張っていって欲しいなと思います。仲がいいってのも、その時代に生きる人たちの感覚だと思うので、今の子たちに『もっとストイックにハードにやれよ』っていうのを求めるのも違う気がします。きっと彼らの彼らなりの問題だったり悩みがあって、その中であがいて頑張っていると思う。もちろんパッと見、仲良く見えても、そこにはいろいろあるかもしれない。僕らの時代はパッと見なくても、今よりは分かりやすかったのかもしれない。ギラギラしているのはね(笑い)。それは時代の違いなんだろうなって思います」<4>につづく

 ◆橘 ケンチ(たちばな・けんち)本名・寺辻健一郎。1979年9月28日、神奈川・横浜市生まれ、横須賀市育ち。41歳。明大理工学部電気電子工学科卒業。在学中にダンスチームに所属し、2007年新生(二代目)J Soul Brothersのメンバーに。09年3月1日にEXILE新メンバーとして加入。EXILE THE SECONDとしても活躍。11年に日テレ系「ろくでなしBLUES」でドラマデビュー。16年から日本酒の魅力を発信する「SAKE PROJECT」を設立。読書家としても有名で数々のイベントも手掛ける。180センチ、72キロ。血液型O。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請