【ヤクルト】石川雅規を26日の中日戦で今季初の中5日投入へ

スポーツ報知
試合前練習でキャッチボールをする石川雅規(カメラ・関口 俊明)

 ヤクルトが、26日の中日戦(神宮)に中5日で石川雅規投手(41)を投入することが23日、分かった。チーム最年長の左腕は、20年目の今季11試合で3勝3敗、防御率2・37をマーク。前回登板となった20日の広島戦(神宮)では6回2失点で74球を投げているが、10連戦最終戦は通算176勝の経験豊富なベテランに託すことになった。

 高津監督は今季、先発ローテーションを徹底的に管理し、ここまで中5日以内での起用は一度もない。昨季はスアレス、イノーアが2度ずつ、小川が一度経験しているが、小川の場合は、昨年10月18日の阪神戦(甲子園)で1回2/3を4失点、49球で降板して同24日の中日戦(神宮)に回ったため、今回のケースとは意味合いが異なる。15年以来6年ぶりの優勝へ勝負手を打ち、頂点へと近づいていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請