木村拓哉、主演映画「マスカレード・ナイト」実写邦画最速100万人超え「本当にうれしい」

スポーツ報知
舞台あいさつに臨む木村拓哉と長澤まさみ(カメラ・頓所美代子)

 俳優の木村拓哉(48)が23日、都内で主演映画「マスカレード・ナイト」の大ヒット御礼舞台あいさつを行った。

 公開7日目を迎え、今年公開の邦画実写作品では、最速で観客動員100万人を突破。興行収入も13.5億円を記録し、木村は「劇場の椅子全てに座れる状況ではない中で、たくさんの方が見て下さって本当にうれしい」と感慨深げ。長澤まさみ(34)も「実感が湧かない数字ですけど、友達からもたくさん連絡もらったりして」とほおを緩めた。

 日本全国108館の映画館に生中継される中、2人は映画にちなんだ質問に回答。本作のホテルマンに扮(ふん)して潜入捜査する刑事を演じた木村は、「今まで演じた中で楽しそうだと思った職業は」という問いに対し、「シェフか外科医。やることは違いますけど、魅力を感じます。でも警察も捨てたもんじゃないですよ」と答えていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請