JR東日本の153キロ左腕・山田龍聖ドラフト上位指名候補に急浮上…10球団から高評価

8回途中2失点の好投を見せたJR東日本・山田
8回途中2失点の好投を見せたJR東日本・山田

◆都市対抗野球東京都2次予選1回戦 東京ガス3―0JR東日本(23日・大田スタジアム)

 JR東日本の153キロ左腕・山田龍聖(21=高岡商)が、10月11日のドラフト会議で上位指名候補に急浮上した。23日、都市対抗東京都2次予選1回戦・東京ガス戦(大田)で、8回途中6安打7奪三振2失点。試合には敗れたが、視察した10球団18人のスカウトから高評価が聞かれた。

 大事な都市対抗予選の初戦を任されると、初回こそ押し出し四球を与えたが、2回以降は立て直した。スライダーでカウントを取り、角度がある最速147キロとチェンジアップを生かし7K。6月の日本選手権予選では1イニングしか出番がなかったが、わずか3か月でエースに成長した。

 西武・渡辺GMが「キレやコントロールもよく、ピンチになっても冷静に投げていた」と言えば、巨人・榑松アマスカウト統括も「変化球をうまく使った投球ができていた。上位候補の1人」と評価した。(片岡 泰彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請