【楽天】“日替わり”守護神の酒居知史が9回2死から崩れサヨナラ負け 石井一久監督は「原因を一個人にもっていきたくない」

スポーツ報知
9回2死満塁、柘植にサヨナラ打を打たれ、うなだれる酒居

◆パ・リーグ 西武4X―3楽天(23日・メットライフドーム)

 楽天は2点ビハインドの7回にルスネイ・カスティーヨ外野手の適時打などで同点としたが、9回に5番手で登板した酒居知史投手が2死無走者から崩れてサヨナラ負け。ともに敗れた首位ロッテ、2位オリックスとの差を縮めることはできなかった。

 故障離脱中の松井裕樹投手に代わり、宋家豪投手とともに“日替わり”で守護神を務めている酒居。起用法は調子や相手打線との相性で判断され、前夜は8回に酒居、9回に宋が登板した。

 この日は先に宋が8回を無失点で抑え、酒居がラストイニングに登場。しかし、簡単に2死をとりながら、森に左中間二塁打を浴びると、申告敬遠と外崎への四球で満塁に。最後は代打・柘植を1ボール2ストライクと追い込みながら、ストライクゾーンに投じたフォークを左前に運ばれた。

 試合後、石井一久監督はサヨナラの場面を「(甘いコースに)行ってしまったものはしようがない。敗因を一個人にもっていきたくない」と振り返った。

 上位2チームに“半歩”迫れるはずだった引き分けを逃す痛い敗戦は、攻守ともに詰めの甘さが目立った。初回と6回の失点は、ともに2死無走者からのソロ被弾。同点だった5回には重盗で勝ち越し点を許した。打線も8回2死満塁の勝ち越し機を逃している。石井監督は「チーム全体としてもう1点取れたのか、防げたのか、しっかりやっていかないと」と、V戦線生き残りへスキのない戦いをナインに求めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請