【ソフトバンク】千賀滉大がロッテにリベンジ成功「風とともに頑張れた」8回途中1失点マジック点灯阻止

スポーツ報知
力投するソフトバンク先発の千賀滉大

◆パ・リーグ ロッテ1―4ソフトバンク(22日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクの千賀滉大投手がロッテにリベンジを果たし、マジック点灯を阻止した。7回2/3を3安打1失点で今季6勝目をマークした。

 8回先頭の代打・佐藤都に三塁打され、この試合初めて得点に走者を背負うと藤岡の二ゴロの間に1点を失ったが、7回まで二塁すら踏ませなかった。「『風と仲良くなろう』をテーマに投げていた。風とともに頑張りました」と10メートル近い強風のなかでも、ストライクを先行させ凡打の山を築いた。

 今月14日からのロッテ3連戦の初戦を任されながら8回3失点で黒星。左足首じん帯損傷からの復帰戦となった、7月6日のZOZOでの試合では、自己ワーストの10失点で3回途中KOされた。「今年2つとも負けてますし、上位のチーム。負けないようにと思いマウンドに上がった」と今季の対ロッテ初勝利を飾り胸を張った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請