内村航平「関節という関節が全部痛い状態」 満身そういで挑む全日本シニア 23日開幕

スポーツ報知
内村航平

 体操の全日本シニア選手権は23日に山形・酒田市国体記念体育館で開催される。22日は会場で有力選手の会見が行われ、東京五輪後初戦となる内村航平(ジョイカル)が登場。10月に控える世界選手権(福岡・北九州市)に向けても大事な実戦となり、「いい形でつなげられたら」と意気込んだ。

 鉄棒に絞り金メダルを目指した東京五輪では、予選でまさかの落下。その後の練習では体のコンディションが上がらず、「肩もそうなんですけど、全関節が痛くなってて、しまいにはアゴも痛くなってて。『ハンバーガー食えねえ』みたいな。関節という関節が全部痛い状態」と明かした。「あまり良い状態ではないので、『良い演技をしたいです』とは言い切れないですけど、自分が今できる最低限の演技をして、世界選手権に向けてつなげたい」と思いを語った。

 それでも今大会には、H難度の大技「ブレトシュナイダー」も入れた構成までできる状態にもってきたという。「ギリギリ、最低限できるようにはしてきたので、なんとかやり切りたいなという気持ち」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×