【神戸新聞杯】シャフリヤールは余力十分に併入 秋初戦V発進へ藤原英調教師「良かったと思う」

スポーツ報知
福永祐一騎手を背に併せ馬で追い切るシャフリヤール(手前)

◆神戸新聞杯・G2(9月26日、中京・芝2200メートル)追い切り(22日、栗東トレセン)

 今年の日本ダービー馬シャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が秋初戦へ上々の仕上がりをアピールした。

 福永祐一騎手がまたがり、坂路で、スカリーワグ(3歳2勝クラス)との併せ馬。最後まで余裕を残した手応えで、4ハロン51秒2―12秒2のタイムで追走併入した。

 藤原英調教師は「先週にある程度しっかりやっているので、今週は鍛えるというより体調を整える程度。良かったと思う」と納得の表情。4か月ぶりの始動戦に向けて「成長した姿で、どんなパフォーマンスができるか」と力を込めた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請