文化放送社長、近藤真彦の新番組に期待「全く新しい近藤真彦としてラジオの舞台に立ってもらいたい」

スポーツ報知
28日から文化放送の新番組「近藤真彦 RADIO GARAGE」がスタートする近藤真彦

 文化放送・斉藤清人社長の定例会見が21日、オンラインで行われた。

 歌手の近藤真彦がパーソナリティーを務める「近藤真彦 RADIO GARAGE」(火曜・後9時半)が28日からスタートすることについて、斉藤社長は「近藤さんが『3年B組金八先生』で高い学ランを着てセンセーショナルなデビューを飾ったのが42年前の10月でした。芸能活動42年は偉大であり、敬意を払います」と、まず話した上で「近藤さんのファンに対する番組であると同時に昭和、平成、令和の芸能史、芸能裏面史まで語れる貴重なパーソナリティーとしての近藤真彦さんの番組となります」と続けた。

 昨年11月の無期限活動休止から10か月を経てのラジオからの芸能活動復帰となることについては「ジャニーズ事務所も離れた近藤さんご本人と話し合いを重ねて参りました。11月にはコンサートもされる近藤さんのスタートにあたり、継続の番組でなく、全く新しい近藤真彦としてラジオの舞台に立ってもらえることをうれしく思い、大いに期待しております」と斉藤社長。

 近藤との交渉窓口となった村田武之コミュニケーションデザイン部長も「近藤さん自身が芸能復帰するにあたり、ラジオからリスタートしたいという思いが強く、この番組からスタートすることになりました」と明かした上で、既に初回の収録を終えた近藤の「当たり前のことが当たり前じゃないことに気づいた。改めてラジオで言葉を発することの難しさを知り、緊張しています。言葉を大事にして発信していきたい」という言葉を紹介した。

 同番組は近藤がパーソナリティーを務める30分番組。車やバイクなどの趣味を楽しむ空間であるガレージハウスのように多趣味で好奇心旺盛な近藤がラジオ番組ならではの「ラジオガレージ」を作り、注目しているさまざまなジャンルのゲストとの対談やインタビューを行う。ガレージクルーに扮(ふん)する太田英明、砂山圭大郎などの同局アナとともに話題のスポーツや音楽、時事ニュースなど、リスナーが実際にラジオガレージにいて対話しているような身近な感覚で楽しめる幅広い話題で番組を盛り上げる。

 さらに近藤自身の楽曲だけでなく、ゲストのリクエストやリスナーオススメの楽曲を放送するほか、外ロケ収録なども企画しているという。

 初回のゲストには「ラジオの帝王」吉田照美が決定。ラジオのことをはじめ、2人の過去・現在・未来について語り合う内容となる。

 近藤は昨年11月に25歳年下の一般女性との不倫が報じられ、無期限の活動自粛。4月30日付でジャニーズ事務所を退所し、約10か月間、芸能活動を自粛。同時間帯の番組「近藤真彦 くるくるマッチ箱」も騒動後、休止していた。

 今月7日には「―くるくるマッチ箱」休止後に放送中の「松井佐祐里“new normal”の小部屋」にボイスメッセージを寄せ、「新たな気持ちで芸能活動とレース活動と向き合い、進んでいく決意です」と芸能活動への復帰を宣言していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請