【高校野球】専大松戸の深沢鳳介、大阪偕星学園のドミニカ人留学生らがプロ志望届を提出

スポーツ報知
専大松戸・深沢鳳介

 日本高野連は21日、プロ入り希望の高校生に提出を義務づける「プロ野球志望届」提出者をホームページ上で更新した。

 春夏の甲子園に出場した専大松戸(千葉)の最速144キロ右腕・深沢鳳介(3年)、大阪偕星学園のドミニカ人留学生、ダビット・バティスタ・モレノ外野手とワーネル・マニュエル・リンコン・デラクルーズ投手ら新たに12人が提出し、計136人となった。

 10月11日に行われるドラフト会議の2週間前となる27日が提出期限。提出者が指名対象になる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請