WEリーグ三菱重工浦和、25日の理念推進日はオンラインで女子サッカースクール開催

スポーツ報知
理念推進日に取り組むWEリーグ

 女子WEリーグの三菱重工浦和は21日、WEリーグ第3節が行われる25日の理念推進日に取り組む実施内容を発表した。WEリーグは11チームで行われているため、試合のないクラブには、WEリーグ・クラブの理念を実現するための活動を行う「理念推進日」が割り当てられる。

 「サッカーのまち浦和」における女子サッカーの普及と環境改善を目的に、浦和区の女子中学生を対象としたサッカースキルアップスクール(オンライン)の開催を決定。中学生年代の女子がサッカーを続けていける環境が足りない、女子サッカー選手の5人に1人が13歳になると、サッカーを辞めてしまうという現状を受け、プロサッカー選手の練習を学ぶことを通じて、女子中学生がサッカーを継続し技術を向上するきっかけになり、女子サッカーの裾野を広げていきたいというクラブの願いから実施する運びとなった。

 緊急事態宣言期間中での実施のため、オンラインでの開催となり、一部の選手が参加する方針。スクールに参加しない選手は、クラブの練習拠点であるレッズランド(さいたま市内)周辺の清掃活動を行うことも併せて発表した。

 ◆理念推進日 WEリーグの理念「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」を体現するため、各クラブがアクションを起こす日として定められている。開幕節の千葉は「一人ひとりが輝く社会とは」と題したオンラインディスカッションを開催。第2節のINAC神戸は「INACファミリー六甲アイランドクリーンアップ大作戦」と称した清掃活動を実施した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請