【オリックス】杉本裕太郎が“ラオウ”に変身!? ゲームアプリ「北斗の拳」応援隊長就任

スポーツ報知
「北斗の拳 LEGENDS Re VIVE」2周年応援隊長に任命された杉本裕太郎

 オリックスの“ラオウ”こと、杉本裕太郎外野手が、スマートフォン向けゲームアプリ「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE」(セガ)の「2周年応援隊長」に任命されたことが21日、球団から発表された。

 人気漫画「北斗の拳」に登場する人気キャラクターに心酔し、チームメートやファンからも「ラオウ」の愛称で親しまれている背番号99。同アプリのユーザーでもあったことから、夢のコラボレーションが実現した。同キャラのコスプレで登場した杉本は「ずっと自分がやっていたゲームだったので、すごくうれしいし、ビックリ。ストーリーを分からない人でも、ゲームをやりながらどういう話か分かるようになっているので、オススメです」と紹介した。

 入団当初から“ラオウファン”を公言。「理想の男性像というか、尊敬している人物。強いところと、男らしいところがいい。ぶれずに、ラオウキャラを貫いてきてよかったなと思います」と笑顔を見せた。ラオウの衣装に力をもらい、リーグ優勝に向けた意気込みを披露。「チームは優勝争いをしているので、それに貢献できるように1本でも多く打点を挙げたい。ヒーローインタビューで(ラオウの衣装を)着ればと言われたので、ちょっと考えておきます」。京セラドームのお立ち台で“杉本ラオウ”の登場があるかもしれない!?

 杉本は今季ここまで108試合でリーグ単独トップの27本塁打を放つなど、世紀末覇者とされる“本家”に負けない活躍ぶり。打率3割8厘、リーグ3位の72打点と好調のチームをけん引している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請