パラ2冠の50歳・杉浦佳子「一生現役ですかね」文科大臣表彰式で意欲

スポーツ報知
杉浦佳子

 東京五輪・パラリンピックのメダリストらの功績をたたえる文部科学大臣顕彰・表彰式が21日、都内で行われた。

 パラリンピック自転車の女子個人ロードレースで2冠を達成し、50歳での最年長金メダリストとなった杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)も出席。「自分一人ではここに来られなかった。導いてくださった方々に感謝したい」と話した。

 記念撮影の際には、卓球の水谷隼と談笑。同じ静岡県出身ということもあり、自ら話しかけた。「五輪から何度も試合を見ていて、試合運びをすごく尊敬していた。一言話したかったのでよかったです」と、貴重な時間だった。

 パラでの大活躍で、周囲からの祝福の声がやまない。「街で『あーっ、50歳の…』って…」と反響に驚く場面もあるという。今後については「一生現役ですかね」と、冗談めかしつつも競技への意欲をにじませた。

 また、パラ競泳男子100Mバタフライ(視覚障害S11)で4大会目にして悲願の金メダルを獲得したエース・木村敬一(東京ガス)は国内だけでなく、拠点とする米国からも祝福が届き「とてもうれしかった」と明かし「大きな目標が金メダルだったので、それに代わる目標を見つけたい」と、先を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請