泉谷駿介&三浦龍司の順大オリンピアンを印西市が表彰 山崎監督「パリのメダルも現実的」

スポーツ報知
印西市のマスコットキャラクター「いんザイ君」と笑顔をみせる三浦龍司(左)、泉谷駿介(右)

 東京五輪男子3000メートル障害7位の三浦龍司(順大2年)と同110メートル障害代表の泉谷駿介(順大4年)が21日、千葉・印西市役所での表彰式に出席した。三浦には市長特別賞、泉谷には感謝状が贈られた。

 三浦や泉谷の所属する順大スポーツ健康科学部が拠点としているさくらキャンパスが印西市にあることから、東京五輪での活躍を表彰する場が設けられた。男子110メートル障害で日本勢57年ぶりの準決勝進出を果たした泉谷は「決勝進出を目標にしていたので、全体10番で(決勝に進めず)悔しい思いをした」。男子3000メートル障害で日本人初入賞の三浦は「日本記録を更新し、決勝で入賞もできて、内容の濃い大会になった。これを糧にレベルアップし、パリ五輪ではさらにいい結果を報告できるように頑張りたい」と先を見据えていた。

 表彰式には青木和浩部長、山崎一彦監督、長門俊介駅伝監督も出席した。山崎監督は「2人はパリ五輪でのメダルを期待されているし、かなり現実的。これからの日本陸上界、スポーツ界をけん引していく存在になると思います」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請