豊昇龍、幕内4年半ぶり一本背負い「自分でもあまりよくわからなかった」

スポーツ報知
豊昇龍(左)は若隆景を一本背負いで下す(カメラ・小泉 洋樹)

◆大相撲秋場所9日目 〇豊昇龍(一本背負い)若隆景●(20日、東京・両国国技館)

 幕内では17年初場所の豪風以来約4年半ぶりの大技「一本背負い」を決めた。

 若隆景のおっつけに苦戦して攻め込まれた土俵際で、右足を払いながら逆転。軍配差し違えで3勝目を手にした。「自分でもあまりよくわからなかったですけど、体の反応がよかった。勝ててよかった」。急性へんとう炎による途中休場明けから連勝を飾り、「自分の動きがだんだんよくなり、戻ってきた」と手応えを口にした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請