【大学野球】プロ注目左腕、関学大・山本晃大が今季初登板で3回1失点

スポーツ報知
関学大・山本晃大(関西学生野球連盟提供)

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第2節2回戦 関学大2―1立命大(20日・大阪市南港中央)

 春季リーグを制し、6月の全日本大学選手権で8強入りした関学大が立命大との接戦を制し、1―3で敗れた1回戦(19日)のリベンジを果たした。10月11日のドラフト会議を前にプロ志望届を提出した最速148キロ左腕・山本晃大(4年)は先発で今季初登板し、3回4安打1失点だった。

 初回に3安打されて1点を失ったが、2、3回は無失点。身長188センチの大型左腕は「いいピッチングはできなかったが、1点を守り切れたのは良かったのかなと思います」と振り返った。

 ドラフト会議まで約3週間となったが、平常心を保つ。「プロ野球選手は夢であり目標。しかし、試合とプロ入りは別に考えている。(調整不足のためベンチ外の)黒原(拓未)が帰ってくるまで全員で力を合わせて勝てればいいと思います」。あくまでもチームのためにマウンドに立つ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請