【ヤクルト】執念のドローに高津監督「最後、あのまま終わらなかったのはよかった」

スポーツ報知
試合を見つめる高津臣吾監督

◆JERAセ・リーグ ヤクルト2―2広島(20日・神宮)

 ヤクルトが執念でドローに持ち込んだ。先発の石川が5回、石原、菊池に連続本塁打を浴びて2点を先制されると、打線も7回まで森下に3安打に抑えられ無得点。敗色ムードが漂った8回1死後、代打の宮本、川端が連打で好機をつくると、塩見、青木の連続適時打でたちまち追いついた。9回も1死一、二塁のサヨナラ機をつくったが後続が凡退。勝ちは逃したとはいえドローに持ち込んだ。高津監督は「最後、あのまま終わらなかったのはよかったと思う」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請