【ヤクルト】村上宗隆「すごくうれしい」、史上最年少21歳7か月で100本塁打達成

スポーツ報知
最年少100号本塁打の記念のボードを掲げる村上宗隆

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―広島(19日・神宮)

 ヤクルトの村上宗隆内野手が、広島戦で4試合ぶりとなる35号ソロを放ち、史上最年少となる21歳7か月での通算100号本塁打を達成した。これまでの最年少記録は西武・清原和博の21歳9か月だった。

 「4番・三塁」で先発出場。2点リードの初回1死で、相手先発・高橋昂と対戦。2ボールからのカットボールを捉えて右翼席へと運び、「青木さんが(先制の2ラン)ホームランを打ったので、勢いに乗って打った感じです。ここ数試合、少し意識していたかもしれませんが、打つことができてすごくうれしいです」とコメントした。

 37本塁打でリーグトップを走る巨人・岡本和に2本差に迫った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請