【西武】打線が散発4安打で3連敗 辻監督「もうちょっと強い気持ちをもっていかないと」

スポーツ報知
9回1死、中村剛也が空振り三振に倒れて肩を落とす西武ナイン

◆オリックス4―1西武(19日・京セラD)

 西武は7回まで1点差とロースコアで試合を進めたが、8回に森脇がT-岡田にダメ押しの2ランを浴びて3連敗を喫した。

 先発した渡辺は4回まで1失点とリズムある投球を見せたが、5回途中に危険球で退場処分。「高めの速いボールでフライにすることを狙った中で、球が抜けてしまいました。申し訳ないです」と頭を下げた。

 継投した水上、公文、増田が粘投を見せるも、打線の援護は、前日の5安打無得点に続き、散発4安打で1点のみ。中村の12号ソロを除けば、一度も二塁を踏めなかった。

 チームは辻政権ワーストタイとなる借金11。辻監督は「今いる戦力で一番いい打線を組んでやっているつもりでいる。あとは気持ち。淡泊になってしまうのか、執念で食らいついてどうにかこうしていくのか。我々に消化試合とかないんだから、もうちょっと強い気持ちをもっていかないと」と奮起を促した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請