延長戦は小ネタで勝負(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は日曜日。宣言下の今、本来ならば競馬場か自宅にいるはずなのに、なぜか梅田の会社でパソコンと向き合っている、寂しい3連休のど真ん中。とはいえ、泣き言も言ってられないので、早速パッチパチといきますか。

 さて、少し話は古くなりますが、先週の日曜日。久々にどっぷりと見入ってしまいました。カーリングです。氷上のチェスと言われる、この競技はこれまでも注目を集めていましたが、平昌五輪でロコソラーレが初のメダルを獲得。盛り上がりましたねぇ。あれから3年とは早いなぁと思いつつ、先日も書いたけど、もう来年2月は冬季五輪かと驚きも感じつつ…。

 そんなカーリングの国内代表を決めるロコソラーレと北海道銀行の五番勝負が行われていたですが、これが2勝2敗で最終戦までもつれ込んだもんだから、実に熱い。午後6時からテレビの前に釘付けでしたよ、ワタクシ。何とかルールは覚えていますけど、戦略面なんかは解説の方の話を聞きながら、「へぇ~」の連続しかない。とはいえ、やはり実際に見ると、面白いんですよね。毎度のことながら、これがオリンピックが迫った時だけ、というのが申し訳ないんだけど。結局はご存じの通り、ロコソラーレが優勝。ここまでいったら、2チーム出れないものかと思ってしまいますが、こればっかりは仕方ない。来年は前回の銅以上を狙う戦い、期待しています。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 まずは3Rに矢作厩舎の【パーソナルハイ(牝、父ディープインパクト)】が登場します。前回から中2週での実戦になりますが、「キビキビと動けていたようです」(安藤助手)と状態は何とか維持している様子。8月デビューからの連戦で、今回が3戦目ですから、何とか結果を出して、ひと息入れたいところではないかと思います。

 で、矢作厩舎にはコントレイルの全弟になる【サンセットクラウド(牡、父ディープインパクト、母ロードクロサイト)】がゲート試験合格後の放牧から戻ってきました。今週は坂路で53秒4とまずまずの時計をマーク。「まだまだ緩さがありますからね」と安藤助手が説明するように、しっかりと態勢を整えつつ、デビュー戦を決めていくようですが、何はともあれ、注目を集める存在が戻ってきたことは確かです。

 話は明日の競馬に戻って、中京5R。ここには昨年のセレクト1歳セールで1億4500万円がついた【ジェンヌ(牝、父ディープインパクト、母ユーロシャーリーン)】が出走します。「これからの馬だとは思いますが、徐々に素軽くはなってきました」と安達調教師。正直、初戦からというトーンではないのですが、芝の実戦で良さが出ることを期待している感じですね。そうそう、ここには音無厩舎の【マカンマカン(牡、父ブラックタイド、母ヴァンフレーシュ)】が出走を予定していたんですが、16日の追い切り後に右脚の骨折が判明し、休養に入るようです。こちらは少し残念な情報ですね。

 野中厩舎では来週の芝2000メートル、または中山の芝マイルに【クインズグレイト(牝、父スクリーンヒーロー、母ケイアイエレガント)】がスタンバイしています。「本質はマイルあたりだと思うし、新馬はペースも落ち着くしね。素質はかなりあると思う。すごく軽い走りで、芝で切れそうなイメージですね」と野中調教師。お母さんはマイル、1800メートルで重賞を勝っている馬ですね。そして、次の阪神開催、前半の芝2000メートルあたりを予定しているのが【サクセスドレーク(牡、父ドゥラメンテ、母ビービーバーレル)】です。「ストライドが大きいし、気性も穏やか。ゆったりした距離の方が合っていると思います」とのことで、まずは(この時期の)長距離で適性を見るようです。

 あとは清水久調教師。母にG1馬の名牝を持つ【ピエドラデルーナ(牝、父キタサンブラック、母スイープトウショウ)】は栗東でデビューへ向けての調整を続けていましたが、一度放牧に出されることになりました。「もう少し、成長を促すことにしました。少し体も細くなっていましたから」とトレーナーは説明。これだけの血統馬ですし、しっかりと態勢を整えてから、ということでしょう。

 来週の中山2000メートルには【コントディヴェール(牝、父ブラックタイド、母ヴァイセフラウ)】が出走予定です。清水久厩舎で、このお父さんの産駒といえば、当然、あの馬をオーバーラップさせてしまいます。「動きはいいですね。十分に使える状態です。距離は長い方が合っていると思います」とトレーナーは手応えを持っているようです。そういえば、あの馬も東京とはいえ、関東デビューでしたし、偉大な先輩に続けるのか、楽しみにしたいところです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中京4R・5ディスケガウデーレ(以前から陣営の好感触を聞いていたが、今週も「攻め馬に乗ってもらったジョッキーも好感触でした」と山口助手。初戦から好戦必至の素材)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

中京7R・9タイセイヴィーナス(「もっと走れていい馬」と大橋調教師。相手関係が楽になっての減量起用で)

中京10R・5マルカエイペックス(前走が着差以上に強い競馬。あれなら昇級、マイルでも即通用)

中京11R・10ダッチマン(音無調教師、生野助手、松若Jともに「もっとやれても…」と口にする。中京へのコース替わり歓迎)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請