15歳・玉井陸斗が高飛び込みV3、腰痛なんの500点超え圧勝

スポーツ報知
玉井陸斗

◆飛び込み ▽日本選手権 最終日(19日、日環アリーナ栃木)

 男子高飛び込み決勝が行われ、東京五輪代表・玉井陸斗(JSS宝塚)は合計516・85点で3連覇を達成した。

 6本のダイブのうち5本で80点以上をたたき出し、特に5本目の「307C(前逆宙返り3回半抱え型)」では96・90点の高得点。ジャッジ7人中5人が10点満点中9・5点をつける圧巻の演技で、2位以下を引き離した。この種目の3連覇は、07~09年の村上和基以来、12年ぶり10人目となった。

 前日の3M板飛び込みは3位に終わり、2年連続の2冠は逃した。1週間ほど前に「軽いぎっくり腰になって、ちょっと痛い状態だった」。動きに制約がある中だったが、強さは揺るがなかった。「連覇を途切れさせないように、五輪から成長した姿を見せられるようにしたい」と話していた通りに、王座を維持した。

 東京五輪の同種目では7位入賞を果たした15歳。決勝のしびれる雰囲気、上位選手の段違いの演技精度を目の当たりにし「自分はまだまだ。(24年の)パリまでちょっとでも近づけるように頑張りたい」と、世界での立ち位置を把握した。五輪でのメダルという日本飛び込み界の悲願に向け、3年間、自らを磨き込む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請