【西武】渡辺勇太朗が危険球退場 2番手は水上

スポーツ報知
4回2死、T-岡田に同点となる右中間ソロ本塁打を打たれた渡辺勇太朗(カメラ・義村 治子)

◆パ・リーグ オリックス―西武(19日・京セラD)

 先発した西武・渡辺勇太朗投手が、5回途中で危険球退場となった。

 1―1の5回無死一塁、投じた初球がバントを試みようとした伏見の顔をかすめた。これが危険球と見なされ、危険球退場を宣告された。伏見はその場に背中から倒れるも、自ら立ち上がり、プレーを続行した。

 相手ベンチに頭を下げてベンチへ引き上げた渡辺は5回途中を4安打1失点。プロ初の危険球退場となり、水上が2番手で登板した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請