カナダで活躍の福元大輔騎手がウッドバインマイルでG1初勝利!

スポーツ報知
福元大輔騎手

 カナダで活躍する日本人の福元大輔騎手が現地時間9月18日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたウッドバインマイルS・G1(芝1600メートル=10頭立て)で騎乗した地元のタウンクルーズ(セン6歳、カナダ・Bグリアー厩舎、父タウンプライズ)を勝利に導き、G1初勝利を飾った。勝ち時計は1分35秒14。

 五分の発馬からハナを奪うと、リズムよく快逃。4コーナー手前から手綱を動かし、ゴーサインを出した直線では内ラチ沿いを力強く伸びて、2着のスペーストラベラーに2馬身1/4差をつけてゴールした。

 福元騎手は福岡県生まれで、JRA競馬学校騎手課程の受験では不合格になったため、単身でカナダに渡り、17年7月に現地で騎手免許を取得した。昨年はカナダダービーに当たるクイーンズプレートSを制し、一気に注目を集めるようになった。今年1月には栗東トレセンを訪れ、「世界の競馬のなかに日本の競馬もある。日本でいずれ乗りたい気持ちはあります」と話していた。今後の更なる活躍に注目が集まりそうだ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請