【阪神】矢野燿大監督、続投正式要請に 「返事はシーズン終わってから」 球団側は複数年提示か

スポーツ報知
室内で行われた試合前練習で、ノックのストライク返球で打席に立つ矢野燿大監督

 阪神・藤原崇起オーナー兼球団社長(69)が18日、中日戦(甲子園)の視察に訪れ、矢野燿大監督(52)に来季続投を正式要請したことを明かした。チームが東京遠征から帰阪した16日に兵庫・西宮市の球団事務所で会談。「来季もお願いしたいと話をさせていただいた。他球団と競う中、いろんな手を打って非常に素晴らしい」と手腕を認めた。

 最下位に沈んだ18年オフに就任した矢野監督は19年に3位、20年に2位、3年契約最終年の今季は首位を走っている。球団総帥は「ドラフトも早く来る。シーズンの佳境に、こんな話もできない」と説明。V争いへの配慮と10月11日に控えるドラフト会議など、来季編成を進めるためにも、この時期の要請に至った。

 16年ぶりのリーグ優勝を目指している矢野監督は「返事はシーズンが終わってから。今は一試合一試合が大事」と返答を保留したが「俺だけでできることじゃない。コーチの手助け、スタッフの後押し、選手がついてきてくれたところを評価してくれたのはありがたい」と感謝した。長期的にチームを託したい球団側は複数年契約を提示するとみられる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請