藤川球児氏が指摘 メルセデス―小林バッテリーは“守り”の配球で持ち味クロスファイア使えず

スポーツ報知
1回無死一塁、青木宣親から投手強襲安打を受けるメルセデス

◆JERAセ・リーグ 巨人6―6ヤクルト(18日・東京ドーム)

 またしても先発が試合を作れなかった。メルセデスは4回0/3を7安打3四死球、5失点で降板した。毎回走者を出し、投球のテンポを悪くした。

 * * *

 巨人は“守り”に入ってしまっている。顕著だったのは、今季スタメンで初タッグとなったメルセデス―小林のバッテリーだ。チーム方針なのかもしれないが、点差を広げられないことに重きを置き、攻めの配球ではなく、誘い球を中心としたリードに映った。

 特に4回先頭のサンタナに対する四球はもったいなかった。打つそぶりがない中、変化球主体で歩かせた。そこから傷口を広げ、塩見にフルカウントから外寄りのスライダーを右翼席に運ばれた。今季の塩見はミートポイントを近づけ、詰まることを怖がらなくなった。それだけに、速球で懐を突いて体を開かせる必要があったが、内角直球は1球もなく、容易に逆方向に押し込む打撃を許した。

 メルセデスは本来、右打者のインコースに食い込むクロスファイアが持ち味。確かに、初回先頭の塩見にいきなり内角球を右前打されたものの、配球から消してはいけない軸となるボールではないだろうか。そこを使い切れず、好調なヤクルト打線に簡単に出塁され、後手に回った。

 劣勢の展開で引き分けには持ち込んだが、やはり、ここからは勝たないといけない。巨人は3日からの阪神3連戦(甲子園)で勝ちゲームを落とすなど2敗1分けとし、流れが悪くなった。現状は勝負どころではなく、正念場だろう。息を吹き返せるかは、19日の阪神戦(同)に先発する菅野がエースの仕事を果たせるかにかかっている。(スポーツ報知評論家・藤川球児)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請