欧州帰り横浜FM宮市亮がJリーグデビュー! 地元・名古屋で凱旋

スポーツ報知
横浜FMのFW宮市亮

◆明治安田生命J1リーグ ▽第29節 名古屋―横浜FM(18日・豊田ス)

 横浜FMのFW宮市亮が、名古屋戦の後半10分から途中出場し、Jリーグデビューを果たした。背番号17は地元・名古屋のスタジアムで大きな拍手に迎えられ、2点を追う展開で主戦場とする左FWに入った。

 宮市は愛知・中京大中京高3年時、プレミアリーグ名門のアーセナルに入団。以降は複数のクラブを渡ったが、両膝の前十字靱帯(じんたい)損傷など度重なるけがに見舞われた。欧州での10年を「描いていたキャリアではない」としたものの、熱烈なオファーにより横浜FMへの加入を決断。加入会見では、充実した表情で「今、本当に幸せ。『もう引退か』って時もあった。苦しいこともあったけど、サッカーができる喜び、プロでいられるありがたみは誰よりも感じている」と喜びをかみ締めていた。

 8月6日のG大阪戦でベンチ入りも、アップ中に筋肉系のけがを負い、別メニューに。9月5日のJエリートリーグ清水戦(1△1)では先発出場するも、前半44分で警告2枚を受けたことにより退場していた。「1日1日が勝負」と日々のトレーニングに徹する快足FWが、ついにJの舞台に立った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×