荒井祭里が女子高飛び込みで5連覇、ラストダイブで劇的逆転

スポーツ報知
荒井祭里(ロイター)

◆飛び込み 日本選手権 第2日(18日、日環アリーナ栃木)

 女子高飛び込みは東京五輪代表の荒井祭里(JSS宝塚)が328・65点で制し、5連覇を達成した。高知商3年の山崎佳蓮(かれん、高知DC)が317・60点で2位だった。

 この種目の5連覇は、1980~84年の馬淵よしの以来、37年ぶり3人目。荒井は4本目を終えて山崎に14・75点差の2位だったが、全選手中最後に飛んだ5本目で76・80点をたたき出し、逆転した。

 荒井は東京五輪で2種目に出場。板橋美波(JSS宝塚)と組んだシンクロ高飛び込みでは5本中4本目を終えて3位につける大健闘だったが、ラストダイブで失敗して6位。5月のW杯で銀メダルを獲得し、期待の膨らんだ個人の高飛び込みではまさかの予選敗退に終わっていた。劇的な勝利で、プライドを取り戻した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請