【西武】公文克彦が移籍後初登板で打者3人をピシャリ「先頭打者を切れたことが結果につながった」

スポーツ報知
8回から登板した公文克彦

 ◆オリックス4―0西武(18日・京セラD)

 日本ハムから移籍した西武・公文克彦投手が、移籍後初登板した。

 8回から4番手で登板。先頭のモヤを右飛、西村を変化球で一飛に抑えると、最後は若月を144キロ直球で詰まらせて三ゴロに打ち取った。6球で打者3人を調理した左腕は「ブルペンでは少し緊張していたのですが、マウンドに立てば大丈夫でした。先頭打者を切れたことが、今日の結果(三者凡退)につながったと思います。今の状態を落とすことなく、もう少し状態を上げていきたいですね」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請