【中山11R・初風S】アイアムハヤスギルが鮮やかな差し切りV 戸崎圭太騎手「ダートが合っている」

スポーツ報知
中山11R・初風Sを制したアイアムハヤスギル

 9月18日の中山11R・初風S(3歳上3勝クラス、ハンデ、ダート1200メートル=16頭立て)は、5番人気のアイアムハヤスギル(牡5歳、美浦・奥平雅士厩舎、父ヨハネスブルグ)が鮮やかな差し切り勝ちを決めた。勝ち時計は1分9秒4(不良)。

 道中は6、7番手を追走。直線で馬群を抜け出すと鞍上のゴーサインに応えて、ゴール直前でオヌシナニモノ(斎藤新騎手)を0秒1差でとらえた。

 19年2月以来のコンビとなった戸崎圭太騎手は「前回乗った時から、ダートが合っていると思っていた。競馬が上手だし、いい勝ち方ができましたね」と快心の勝利を振り返った。

 これでオープン入りを果たしたが、奥平雅士調教師は「短距離馬特有の硬さがあるし、ここまできて無理はしない」と今後は馬の状態を見て決める構えだ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請