千葉市担当者、「スーパーソニック」の感染対策は「おおむね守られている」 観客も声出さず席で拍手

スポーツ報知
スーパーソニックの来場者が詰めかけるZOZOマリンスタジアム

 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、千葉市が開催の延期などを求めている大規模音楽フェスティバル「スーパーソニック」(19日まで、千葉・ZOZOマリンスタジアム)が18日、開幕した。

 会場内の見回りを行った、千葉市公園緑地部長の石橋徹氏は報道陣の取材に応じ、「少し気になったこととして、散在している飲食スペースでのスタッフの人数が足りないのではないか、スタッフを増やしてほしいと主催者に要請はした」と明かした。主催者によると、今日正午までに2500人が訪れたとしている。

 ただ、石橋氏は「概ねルールは守られていた」とした上で、「基本的には消毒スタッフもかなり人員がおり、演目の間で注意喚起もかなり行われ、観客も声を出さず席に座り拍手で応援されていた。今日の公演もまだありますし、明日の公演もあるので、今後もルールをしっかり守ってほしい」と呼びかけた。

 同音楽祭は、千葉市が延期などを求めていたが、主催者側が感染防止策を徹底した上で予定通り開催する意向を示し、千葉市は後援を取り消しを決定していた。主催する「クリエイティブマンプロダクション」の担当者によると、チケットのキャンセルにより、実際の入場者は各日1万人を切る程度になる見込みという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請