村竹ラシッド、13秒59で準決勝へ…先輩の泉谷へ「食らいついていけたら」

スポーツ報知
110メートル障害予選で力走する順大・村竹ラシッド(右)

◆陸上 日本学生対校選手権 第2日(18日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 男子110メートル障害予選で、村竹ラシッド(順大)が13秒59(追い風0・5メートル)の5組1着で19日の準決勝に進んだ。従来の大会記録を0秒08上回る好記録。「予選は13秒台中盤が出ればと思っていた。まぁ、良いんじゃないでしょうか」と笑顔を浮かべた。

 順大の先輩で13秒06の日本記録を持つ泉谷駿介は、13秒44の1組1着で突破。身近に最高のライバルがいる環境で、村竹も着実に力を伸ばしている。「(泉谷に)しっかり食らいついていけたら」。初出場を目指す22年ユージン世界陸上の参加標準は13秒32。自己記録は13秒28で、十分力は備えている。「厳しいところもあるけど、狙えるチャンスはあるので狙っていきたい」と照準を定めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請