第51回NHK上方漫才コンテスト優勝はビスケットブラザーズ ラストイヤーで頂点に 

スポーツ報知
第51回NHK上方漫才コンテストで優勝したビスケットブラザーズのきん(左)と原田泰雅

 結成10年以内の若手お笑い芸人が頂点を争う「第51回NHK上方漫才コンテスト」の本選がこのほど、大阪のNHK大阪ホール(大阪市中央区)で行われ、コンビ結成10年目でラストイヤーのビスケットブラザーズが優勝した。

 予選を突破した8組が2ブロックに分かれて戦い、勝ち抜いた2組による決勝戦で、ニッポンの社長に勝利。1本目をボケ役・原田泰雅がレジに扮(ふん)し、ツッコミ役・きんが店長役でお会計するシチュエーションコント。2本目は高級キャバクラで、原田扮(ふん)するオジサンが接客するコントで栄冠を勝ち取った。きんは「上方漫才コンテストという名前の大会ですけど、コントでも改めて評価していただいて本当にうれしく思います」と笑顔。原田も「アホな格好しているのに、NHKで優勝いただいて。なんかドキドキ興奮しています」と喜んだ。

 コント2本での勝負には、ラストイヤーということも後押しした。きんは「去年まではNHKに合わせていた部分があった。今年はレジ使いも、落ちたら仕方がないと開き直れた」。原田も「(本選進出は)初出場ですがラストイヤーなので、それなら好きなことをと思ってやってみた」と充実の笑みを浮かべた。

 同期の霜降り明星、ネイビーズアフロらは、テレビや舞台で活躍中。きんは「同期は優秀で8、9年目頃は焦りがあった。今年は気負うこともなかった」とリラックス。原田も「賞レースで1、2本ともに楽しめた。ネタ選びからチャレンジ精神でやれた」と大舞台を楽しむ余裕もみせ、今後の目標に二人は「キングオブコントで優勝したいです」と声をそろえた。

 放送は23日午後10時から総合テレビ(関西ローカル)で放送される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×