新横綱・照ノ富士、豪快なきめ出しで無傷6連勝 唯一全勝に…カド番・貴景勝は4敗目

スポーツ報知
照ノ富士の横綱土俵入り

◆大相撲秋場所6日目(17日、東京・両国国技館)

 新横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、平幕・若隆景(荒汐)を豪快なきめ出しで退け、初日から6連勝を飾った。6日目を終えて、早くも唯一の全勝となった。

 カド番大関・貴景勝(常盤山)は、平幕・玉鷲(片男波)に押し出しで敗れ、4敗目を喫した。今場所は先場所に負傷した首の影響もあり、3連敗発進。負け越せば、大関陥落が決まる。

 大関・正代(時津風)は、平幕・霧馬山(陸奥)に寄り切りで敗れ、2敗目となった。霧馬山は初日から上位総あたりで、2大関を撃破して5勝(1敗)を挙げている。

 平幕唯一全勝だった千代の国(九重)は、十両・佐田の海(境川)に押し出しで敗れて土が付いた。

 6日目が終わり、全勝が照ノ富士。1敗は関脇・御嶽海(出羽海)、平幕の霧馬山、阿武咲(阿武松)、妙義龍(境川)、千代の国の4人となった。7日目は照ノ富士が平幕・琴ノ若(佐渡ケ嶽)、貴景勝が若隆景、正代が玉鷲との一番に臨む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請