中村獅童が体調不良で南座「九月南座超歌舞伎」を休演

スポーツ報知
中村獅童

 歌舞伎俳優の中村獅童が17日、体調不良のため大事をとって南座「九月南座超歌舞伎」の公演を休演した。松竹のガイドラインにのっとったもの。17日午後3時30分開演リミテッドバージョンの「御伽草紙戀姿絵(おとぎぞうしこいのすがたえ)」は一部演出を変更して上演。18日以降の公演については、松竹公式ホームページ、歌舞伎美人にて発表するとした。

 今公演で獅童はバーチャル歌手・初音ミクと共演。ペンライトを使った客席参加型の舞台で、南座での公演は2年ぶり。南座は「今後とも、ご来場の皆様の安全の確保はもちろんのこと、出演者、公演に携わる全ての関係者の安全を確保し感染拡大防止に向け、迅速に対応措置を実施してまいります。皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げますとともに、引き続きご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請