松坂桃李主演「孤狼の血 LEVEL2」前作超えでシリーズ3作目となる続編決定

スポーツ報知
「孤狼の血 LEVEL2」

 俳優・松坂桃李の主演映画「孤狼の血 LEVEL2」(白石和彌監督、公開中)の好調を受け、シリーズ3作目となる続編の製作が決まり、配給の東映が17日に発表した。

 広島県の架空都市・呉原市を舞台に警察と暴力団の抗争を描いた物語。2018年公開の第1作では主演の役所広司がベテラン刑事の大上章吾を熱演し、報知映画賞など主要映画賞を総なめに。現在公開中の「―LEVEL2」では、裏社会の顔となった刑事の日岡(松坂)が、鈴木亮平演じる武闘派ヤクザと激突。1作目の興収8億円を超えることが確実で、続編製作を熱望する声が寄せられていた。

 続編について、白石監督は8月に行われたスポーツ報知のインタビューで「松坂くんは『このままでは終われない』と言ってます。可能性のある終わり方ではありますよね」と語っていた。企画・プロデュースの紀伊宗之氏は「LEVEL2は、コロナ禍の公開になり悔しい。めちゃ悔しい。平和になったその時にレベルアップさせた第3作目に期待して下さい!」と呼びかけた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請