ラグビー日本代表 10月23日にオーストラリア代表と大分で対戦…コロナ禍以降の国内で初のテストマッチ

スポーツ報知

 日本ラグビー協会は17日、日本代表が10月23日に昭和電工ドーム大分でオーストラリア代表と対戦すると発表した。日本代表の国内での試合は史上初8強入りした2019年W杯以来。昨年のコロナ禍以降では初の国内でのテストマッチが決まった。今秋のテストマッチでは、11月6日にアイルランド、同13日にポルトガル、同20日にスコットランドといずれもアウェーでの対戦が決まっており、これで4試合目となった。

 日本協会では10月9日にチケットの一般販売を行うとし、オーストラリア代表などの「大会関係者の入国許可等については、現在日本政府と調整中」としている。

 対戦成績は過去5戦全敗で、17年11月に横浜・日産スタジアムで対戦した前回は30―63で敗れた。日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは19年W杯以来の国内での代表戦に向け、日本協会を通じて以下のようにコメントを発表した。

 「本日の発表は、日本および世界中のブレイブブロッサムズファンの皆様に歓迎していただける素晴らしいニュースです。日本が最後にテストマッチをホームでプレーしたラグビーワールドカップ準々決勝の日から約2年が経過した今、チームとしてこの試合の重要性を強く認識しています。日本のホームで、オーストラリアのような質の高いチームとテストマッチを行う機会を得たことは、2019年のワールドカップでの成功を受けて、私たちのファンや日本の皆様とのつながりを取り戻すために、非常に重要な瞬間です。ワラビーズは強力なチームで、チーム全体に質の高い選手が揃っており、日本と同様に、高速で攻撃的なランニングラグビーを得意としています。この試合は、これまでのテストマッチとは違ったスタイルの相手に、自分たちのラグビーをする絶好の機会となるでしょう。日本とオーストラリアは、この試合の後、ヨーロッパに向かいます この試合は、日本にとってもオーストラリアにとっても次のツアーに向けて最高のスタートを切るために重要な試合となるでしょう」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請