玉川徹氏、自民党総裁選は「原発を巡っての戦い…その戦いは苛烈です」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日の玉川徹氏が17日、同局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にリモート生出演した。

 番組では、この日告示される自民党総裁選を特集した。野田聖子幹事長代行が16日に出馬を表明し、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、河野太郎行革相の4人の争いとなる見込みだが玉川氏は総裁選を「既得権を守ろうとする人たちと既得権を打破しようとする人たちの戦い」と表現した。

 続けて「中でも原発をどうするかを巡っての戦いなんだけど、その実相をちゃんと伝えなければいけないでしょうね」とした上で「単なる人気投票じゃありませんよ、と。で、その戦いは、私が聞いている話でも苛烈です。なんで原発を巡ってそんなに戦いが起きるんですか?かつて小泉純一郎さんが郵政選挙を戦った時に郵政選挙も苛烈な戦いになりましたが、多分、それを超えるものです、戦いとしては」と解説した。

 その上で「原発は産業界を巻き込んだものすごく大きな戦いなんです」などとし「小泉進次郎さんは前に最大の既得権との戦いだという話をされていたんで、僕はむしろ河野さんは、背水の陣を敷いてでもそれは一体、どういうものなのか、国民に伝えるべきだと思います。なぜ原発を巡っての戦いがそんなに苛烈になるのか。一体、誰と誰の戦いになっているのかっていうことを国民に知らせることが大事なんじゃないですか」と提言していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請