【楽天】連勝2でストップ…難敵・田嶋を崩しきれず、石井監督「次回対戦する時にしっかりと対応したい」

スポーツ報知
9回、力なく試合を見つめる石井一久GM兼監督

◆パ・リーグ 楽天1―3オリックス(16日・楽天生命パーク)

 楽天が接戦をものにできず、連勝は2でストップした。

 初回に2死三塁から暴投で先制点を挙げたが、その後は追加点を奪えず。試合前まで今季の対戦防御率1・08だった田嶋に3回から8回までは1安打に抑えられた。

 先発・則本昂は粘りの投球で6回5安打1失点(自責0)。その後1―1で迎えた8回1死二塁で、3番手・安楽が杉本に決勝2ランを許した。

 オリックス戦の引き分けを挟む連勝は5でストップ。首位・ロッテとは5・5ゲーム差に、2位・オリックスとは2ゲーム差に広がった。石井監督は「しょうがないというところはあるんですけど、シチュエーションをもう一回しっかりと整理して、ちゃんと投げ切った球なのかをもう一回試合後に反省して次へ向けてしっかりやってほしい」と期待を込めた。

 また、田嶋を崩しきれなかった打線については「コースにある程度来る球と逆に来る球もあったので、なかなか打者が的を絞りきれないところはあった。また次回対戦する時にしっかりと対応したいと思います」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請