【ヤクルト】村上宗隆、最年少100本塁打大好きな巨人戦で決める!今季17戦8発20打点の好相性

スポーツ報知
巨人戦で通算100本塁打達成を狙う村上

 ヤクルト・村上宗隆内野手(21)が17日からの巨人2連戦(東京D)で、西武・清原和博の21歳9か月を更新する史上最年少、21歳7か月での通算100本塁打達成を狙う。

 14日の阪神戦(神宮)で今季34号、通算99号をマークし、王手をかけて迎えた巨人戦。今季の対戦成績は17試合で65打数24安打、打率3割6分9厘、8本塁打、20打点と相性は抜群だけに、今回の2連戦で“清原超え”を決める可能性は十分にある。

 本塁打リーグトップの巨人・岡本和に3本差で追っているが「今はタイトルより優勝したいという気持ちが強いので、個人の目標は気にしていないです。とにかく一試合一試合集中して、いい打席を送れるようにやっていきたい」と無欲を強調。首位・阪神から2・5ゲーム差の2位とはいえ、3位・巨人とのゲーム差はない。勝利に直結する一発を放ち、ライバルを追い落とす。(阿見 俊輔)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請